30代で糖尿病なんて!

血糖値正常高値の30代♀看護師。糖尿病になりたくない!

看護師から見た『糖尿病患者さんのここがめんどう!』

『最近血糖値が高め…』

 

『糖尿病になったらどうしよう…色々今の生活が変わるのかな…?』

 

検診で最近の血糖値が少し高めになっていたあなた。

 

糖尿病になったらどうしよう!とこの先とっても不安ですよね。

 

糖尿病に一度なればもう後戻りする事はできません。

 

その上生活や食生活の改善に投薬…めんどうな事がかなり増えます。

 

看護師として患者さんと接していても糖尿病患者さんは大変だなぁ…といつも思っていました。

 

でも大丈夫!

 

『糖尿病になるとこんなにめんどうだ!』という事実を知れば、あなたは何がなんでも糖尿病にならないように努力するでしょう。

 

今回の記事を見ればあなたはきっと重い腰を上げて生活習慣を改善する事ができるはずです。

 

血糖値が最近高めだけど生活習慣をなかなか変えられないなあたなは是非読んでみてくださいね。

 

30代で血糖が正常高値!糖尿病になったらどうしよう!

私は育児によるストレスや生活習慣の乱れから、29歳から31歳の2年間で空腹時血糖値が20mg/dlも上昇しました。30代なのに100mg/dl近く。

 

これ、看護師だからわかるけどかなりやばい!

 

60代くらいのおばあちゃんでも空腹時血糖値が100mg/dlいかない人もざらにいます。

 

つまり私はこれ以上血糖値が上がる事が許されなくなってしまったのです…。

 

血糖値が高いことが発覚した時の記事はこちら↓

 

関連記事>>体調悪くて検診受けたらやっぱり血糖値が高めだった

 

糖尿病になったらどうしよう…!

 

と、かなり焦りました。

 

なぜなら、看護師としてたくさんの糖尿病患者さんに関わってきて糖尿病のめんどうさがわかっているから!

 

これから、糖尿病になるとどんな事が面倒なのか。看護師の視点でわかりやすく説明していきますね。

 

糖尿病になると面倒な事 

毎食前、寝前の血糖測定

f:id:mapapa:20180610060622p:plain

糖尿病になると適切な値に血糖をコントロールしていく必要があります。

 

そこで不可欠になるのが自己血糖測定。

 

指先に針を刺し少量の血液を出して専用の機械で血糖値を測定します。

 

その血糖測定を毎食前と寝前しないといけなくなるのでめちゃくちゃ面倒です。

 

血糖測定の手技自体は準備も含めて5分以内に終了する簡易なものですが、それが1日の4回もあるとするとやっぱり億劫になりますね。

 

しかもそのたびに針を刺して血を出さないといけなくなるので地味に痛い…やり切れません。。。

 

そして外出のたびに血糖測定器を持ち歩かないといけない…かなり面倒ですよね。

 

血糖測定器の購入や管理

 

血糖測定をするために糖尿病の方は1つは血糖測定の機械を購入する必要があります。

 

血糖測定の機械はこんな道具が必要になります↓

f:id:mapapa:20180610060815p:plain

  • 穿刺針(血を少量出すための針)
  • チップ(機械に接続して血を乗せるもの)
  • 血糖測定器本体
  • 消毒綿
  • 針排棄ボックス

 

これだけの道具を全て揃えなければならずそれなりにお金がかかります。

 

血糖測定の機械は病院で購入でき保険も適応にはなりますが、それでも費用はバカになりません。

 

糖質制限食を作らなければならない

f:id:mapapa:20180610061050p:plain

糖尿病になると食後の血糖値を上げすぎないように糖質制限食を摂取する必要があります。

 

質素な食事を食べないといけないってのも辛いですが…

 

きちんと料理をしないといけないってのが面倒!

 

血糖値なんて気にしていない頃は料理する気がない日はお惣菜を買ってきて…ファストフードに頼って…なんてしてましたが糖尿病となるとそうはいきません。

 

糖質が制限された食事を自分できっちり作る必要があります。

 

しかもきちんと食品や食材に含まれる糖質を理解した上での献立を立てないといけないので『この食材に含まれる糖質は0.2gぐらいかな〜とわかるようにある程度の勉強も昼用です。

 

糖尿病ではなかった頃に比べて2倍以上料理に時間がかかることも。かなり面倒ですね…。

投薬を行なっている場合常に低血糖への注意が必要

 もしあなたが経口血糖降下剤やインスリン注射などを行なっている場合は常に低血糖への注意が必要です。

 

「え?血糖が下がった方がいいじゃん!」

 

そう思ったあなた…低血糖はとっても恐ろしいんですよ!

 

血糖は低ければ低い方がいいってもんじゃありません。

 

血糖値が低すぎると冷や汗・動悸・意識レベルの低下などの症状が現れ…

 

最悪の場合死に至ることだってあります。

 

そのため糖尿病患者は普段よりも血糖が下がる行為(運動など)を行う時は注意が必要です。

 

またインスリンの単位を間違うなんてもってのほか!毎回最新の注意を払って単位を設定する必要があります。

 

そしてもしもの事(低血糖)が起こった時のために糖分を補給できる何かを常に持ち歩く必要があります。

 

ジュースやアメなどなんでもいいんですが…

 

専用の「グルコースサプライ」って食べ物が血糖値を急速に上昇させてくれるので便利です。

 

病気になった時(手術や血糖値があがる内服薬を飲む際)に困る

f:id:mapapa:20180610061400p:plain

糖尿病になっても合併症を起こさなければ問題はありませんが…

 

自分が病気になった時にちょっと困ります。

 

病気で手術をしないといけなくなる場合。血中の糖分が多いと傷が治りにくくなるのです。

 

そのためコントロールがやや不良と判断された場合は通常の方よりも早く入院して血糖コントロールを行う必要があります。

 

また術後は血糖値が上がりインスリンを増減して調整しますが、術後は血糖値が不安定であり低血糖を起こすリスクが高くなります。

 

看護師や医師がきちんと血糖管理は行なってくれると思いますが…もしもの事を考えるとちょっと不安です。

 

あと内服して血糖値が上がる薬もあります。

 

ステロイド薬は血糖値を下げるホルモンであるインスリンに対する感受性を下げる事で抹消組織での等利用を妨げる効果を持つため内服すると血糖値が上がります。

 

そのためステロイド剤内服時は血糖コントロールの方法を変更する必要があります。

 

関連リンク>>ステロイド糖尿病(一般社法人日本内紛筆学会)

 

 とにかく病気になると厄介です。

 

糖尿病になるとかなりめんどう!早期から発症を予防しよう!

今回の記事の内容を読んでいただけばよくわかったと思いますが…

 

糖尿病になるとかなりめんどうです!

 

糖尿病がめんどうな点まとめ

  • 毎食前・寝前に血糖測定が必要
  • 血糖測定の機械を購入・管理しないといけない
  • 糖質制限食を作らなければならない
  • 病気になった時にめんどう

そんなめんどうな事に悩む必要がないように今から事前に予防しておきましょうね。

 

今回の記事を読んであなたが糖尿病にはなりたくない!と強く思い、生活習慣の改善をしてくれれば幸いです^^

 

たま子でした!

 

 

体調悪くて検診受けたらやっぱり血糖値が高めだった

こんにちは!たま子です!

 

30代女性のあなた、『最近なんか体調優れないな〜』ということはありませんか?

 

なんとなくしんどい・やる気が出ないという方は採血をして検査データを見つめてみてください。

 

例え医師からは『正常値』という判断が下されていたとしても、数年前のデータと比べてみたらかなり高かった!という事があるかもしれません。

 

その場合、今は正常値でもずっとこのままの生活を続けていると数年後には思ってもいない病気になるかもしれません。

 

私は最近体調が悪くて採血をしたら血糖値が以前よりもかなり高い数値となっていました。

 

最近なんだかしんどいな〜と思っている方は是非今回の記事を読んでみてくださいね。

 

31歳春から職場復帰!体がしんどい毎日が続く…

私、ありさは現在看護師として働いています。

 

でも育児のためブランクがあり、今年の春に2年ぶりに復職したんです。

 

経験はあるといえども2年のブランクを経ての仕事…職場も変わって慣れない事・慣れない人ばかり…体も心もかなりのストレスでした…。

 

4月後半にはストレスが溜まったのか喉の病気になって一度入院(涙)

 

治療後に体調は回復して職場にも徐々に慣れてきて、もうストレスなく仕事はできていると思っているのですが…

 

体がしんどいんです。

 

頭は重くてだるい感じ。頭痛というかぐ〜っと思い感じでぼーっとします。

 

そして、とにかく体がだるい!看護師的に言うと全身倦怠感!

 

一向に良くならない体調が徐々に心配になってきたんですよね…。

 

そこでちょっと疑ったのが糖尿病でした。

 

もしかしたら30代だけどもう糖尿病!?

 

体がしんどい日が続く中、ある病気が頭をよぎったのです。

 

もしかして糖尿病かも…?

 

糖尿病はある程度高血糖にならないと症状が現れない病気です。

 

糖尿病の症状は以下の通り↓

 

  • 全身倦怠感
  • 多尿
  • 口渇
  • 尿からの甘い香り

 

上記の様な代表的な症状は「全身倦怠感」しか当てはまっていませんでしたが、それでもこのしんどさは糖尿病が原因だ…と思ったんです。

 

職業看護師、今まで色々な糖尿病患者さんを見て来ました。症状は人それぞれ。全くの無症状な人だって中にはいます。

 

でも体がしんどいだけで糖尿病なんて…大げさじゃない!?

 

と思われた方、そう思うのも十分理解できます。

 

でも私には思う節があったのです…

 

30代の私が糖尿病だと考えた理由

 

採血で血糖値やHbA1cを調べる前から自分を糖尿病だと思った原因はいくつかありました。

 

授乳から続く不眠

私は2人の子供(4歳男の子と2歳女の子がいます)。

 

2人とも授乳を続けている間は夜2〜3時間毎に起きておっぱいを飲んでいました。

 

はじめはしんどかったですが、だんだん体が慣れて来て頻繁に起きるのが苦ではなくなりました。

 

授乳する身からすると嬉しい事ではありますが、さて授乳が終わってしまえば厄介です。

 

『眠りたいのに眠れない…』

 

授乳する必要がなくなっても夜眠りたいと思ってもうまく眠れなくなりました。

 

眠れたとしても授乳の間隔通り2〜3時間で覚醒してしまう…。

 

寝よう寝ようと思うほど眠れなくなってそれをきっかけに不眠っぽくなってしまいました。

 

睡眠時間が短く不眠の状態では血糖値も上がります。

 

不眠が長い間続いたので血糖値も上がっているのでは…?と、考えました。

 

育児によるストレスからくる過食(特に甘いもの)

 

2年間は専業主婦をしていましたが、正直仕事をしている時よりも子供の世話はしんどかったです。

 

一方の相手をしていると必ずもう一方の機嫌が悪くなる。子供二人で常にものの取り合い。ご飯を食べない・すぐぐちゃぐちゃにする。

 

まあ子供なんだから当たり前の事なんですがね。それが毎日の事となるとかなりしんどかったです。

 

仕事もしんどいけどしんどくても誰かが褒めてくれたり感謝されたりするので頑張った感がありますが、育児はそうもいきません。

 

頑張っても褒めてもらえないし、それが正しかったかどうかすらわからない。

 

そんな毎日が続くとストレスマックスな状態になってしましました。

 

あー!このストレスなんとかしたいー!

 

そんな溜まりに溜まったストレス解消法だったのがお菓子でした。

 

ストレスが溜まった時はお菓子を2袋くらいどか食い!多い時には300kcalくらいのお菓子を4袋くらい食べていた事も。

 

1食でお菓子1200kcal!

 

30代女性の1日の推奨摂取カロリーは1600〜1700kcalなので、1日の摂取カロリーは推奨値をかなり超えていましたし

 

何より1200kcal分全てお菓子で余分な糖分がたっぷりですよね…

 

とんでもない食生活ですがそれでお腹が満たされると自然とイライラも治ったんです。

 

そんな生活を2年ほど続けていたので絶対糖尿病になってる…と思いました。

 

(完全な自業自得ですがその時はストレスマックスで砂糖中毒の様になり食べるのを辞められませんでした。)

 

不規則な食生活

子供との食事での母親はとっても大変です!

 

子供にご飯を食べさせるのはもちろん、べちゃべちゃにこぼしたご飯を拭いて、食べずに遊んでいる子供を上手に急かして…

 

子供と一緒に食事をしても全然食べた気がしません!

 

そこで、私は子供と一緒に食事はしない様にしました。

 

夕食を食べるのはいつも子供が寝た21〜22時くらい。食べてから疲れていてすぐに寝る時もありました。

 

日中も食事を取るのは子供がテレビに集中している時など子供を中心に時間を決めます。

 

そのため食事は毎日不規則!バラバラの時間に食べていました。

 

不規則な生活が続くと血糖値も乱れて糖尿病のリスクが高まります。

 

糖尿病かも!?不安になり内科を受診

 

そんな超絶不規則&不摂生な生活を2年も続けたからきっと糖尿病になったんだ!

 

バカな私は急に不安になり糖尿病の診断を下すため近くの総合内科に

 

医師の問診を受けますが、32歳女性。中肉中背で見た目も全く異常なし。

 

そんな普通の若い女性が来て医師は病気を疑ってはくれません。

 

医師「最近ちゃんと眠れてる〜?」

 

「あ…ちょっと眠りは浅いですね…」

 

医師「眠らないとね、体もしんどくて頭も重くなるからね。軽い安定剤でも出しておこうか?」

 

『あ…やっぱりただのストレスだと思われてる…』

 

医師が絶対的にストレスから来る頭痛と倦怠感を訴えていると思っているのはすぐに伝わりました。

 

でも…糖尿病かも…採血してもらわないと…

 

「血糖値が高いのが気になるんです!採血してもらいたいんですけど…」

 

医師「…?採血…じゃあ念のためしておく?」

 

医師は少し腑に落ちない感じではありましたが、患者が希望する以上採血には応じてくれました。

 

やっぱり30代前半の女性が体のしんどさを訴えて受診してもなかなか病気は疑ってくれませんね〜…。

 

不摂生を2年続けた30代の血糖値は…?

ドキドキしながら採血をして、結果が出るまで1時間弱待ちます…

 

どうか…どうか…正常値であります様に…

 

看護師ありささ〜ん中にどうぞ〜」

 

医師「(データを見つめる)」

 

「(ドキドキ)」

 

医師「採血は全く問題なかったよ!」

 

「よかった!」

 

そう思って渡された採血データを見つめると正常値よりも異常な値になっているデータはほぼなし。

 

もちろん医師の言う糖尿病のデータ(HbA1cと空腹時血糖)も正常値。

 

気になる糖尿病のデータは…

f:id:mapapa:20180609182422j:plain

 

▼31歳現在の採血データ

  • 空腹時血糖:98mg/dl
  • HbA1c:5.5%

 

正常値は

  • 空腹時血糖:70〜110mg/dl
  • HbA1c:4.3〜6.4%

余裕で正常範囲内に収まっていますが、看護師の私は気づいてしまったのです…

 

30代にしては高め…!!汗

 

30代では空腹時血糖90mg/dl前後でHbA1cは5%前半が理想的な印象。

 

なので今回の私のデータはやや高めだと感じました。

 

そして2年前のデータと比べて見るとかなり驚愕!

▼空腹時血糖(母子手帳記載分)

f:id:mapapa:20180609182453j:plain

HbA1c

f:id:mapapa:20180609182444j:plain

 

▼29歳当時の採血データ

  • 空腹時血糖:69mg/dl
  • HbA1c:5.2%

 

か…かなりふえてる…!

 

HbA1cは0.3%、空腹時血糖20mg/dl以上も値が増えているではありませんか!!

 

単純にまた更に2年経って同じだけ血糖が上がると空腹時血糖は120mg/dl近く!

 

  • 糖尿病は早朝空腹時血糖126mg/dl以上
  • 75mgOGTT値200mg/dl以上
  • 随時血糖200mg/gl以上

 

 

①と②のいずれかに当てはまると糖尿病とされます。 

 

血糖値が120台となればかなり高めな印象。もう33歳にしてもう糖尿病は目の前です。

 

今のままの生活習慣を続けていると糖尿病になってしまう…!

 

そう危険を感じて生活習慣を思いきて見直すことにしました!

 

あなたはもしかして「自分は健康診断で何も言われてないから!」と思って安心してはいませんか?

 

  • 各年代の正常値
  • 自分の過去の値からの増減

 

医師から問題ないと言われたとしてもなどと照らし合わせ、本当に正常な値なのか?と言う事をしっかりと考えてみてくださいね。

 

早期自覚と早期の生活習慣の見直しが運命の分かれ道となります!

 

(て、不摂生続けたお前が言うな!って感じですけど 笑)

 

30代にして正常高値で糖尿病予備軍(多分)糖質制限生活をスタート!

 

こうして私は不摂生な生活習慣を続けた結果、血糖値がガンと上がり一気に糖尿病行きの切符を手にしました。

 

生活習慣が乱れているあなたも是非一度自分の習慣を見直してみてください。

 

糖尿病になれば後戻りはできません。一生付き合っていかなければならないのですから。

 

これから私は糖尿病を発症しないために生活習慣や食生活を見直していく過程とそれによってどれだけ血糖値が変化したかをブログに記載していこうと思います。

 

血糖値が高めかも!?と、不安に思っている30代の方のお役に立てれば幸いです。

 

たま子でした。